育毛剤の分類

shiraga

養毛・育毛剤業界は、需要に応じる形でますます活況を呈している。

養毛・育毛剤業界の推移をみてみると、総売り上げは230億円にはね上がり、今やメーカー数が約50社以上、出まわっている商品数は七十数品目にものぼるという。

業界はますます白熱化、カツラを含めて「近い将来、一千億円市場」といわれているのも、根拠のない話ではない。

ところで、業界が白熱化するのに比例して養毛、育毛剤の種類はますます増加の一途をたどることが予測されるが、消費者の方は逆に、「自分にはどの商品があうのか。いったいどれを選んだらいいのだろうか」と選択に迷ってしまうという、悩みをかかえ込んでしまうのではないだろうか?

その場合の参考材料として、今ある養毛・育毛剤を大きく分類してお見せしよう。

いくつかの分類の方法があるが、いちばん分かりやすいのは、主成分による分類である。

(続く)

管理人

白髪染め比較口コミランキング

Comments are closed.