健康な髪の毛を育てるためには

shiraga

どうしたら抜け毛が減るのか、毎日そればかり考えている-そんなふうに、多くの人を悩ます薄毛の原因にはまず、遺伝的要素が挙げられます。

それに加え、

1.食生活のアンバランス
2.精神的なアンバランス
3.健康上の問題
4.間違った手入れといった生活習慣

が、薄毛に関係していると私は考えます。

遺伝の場合はむずかしいですが、それ以外なら自分の意志でいい状態にもっていけます。

実際に、生活習慣を改善し、頭皮マッサージを続けたことで、多くの人が薄毛を克服しています。

それでは、抜け毛を増やす生活習慣とはどんな生活か、また、どうしてそれがいけないのかを、具体的に見ていきましょう。

1.食生活のアンバランス

ダイエットには成功したものの、抜け毛が増えた経験のある人はいませんか。爪が皮膚の一部であるのと同じように、「髪の毛は皮膚が変化したもの」と考えるとわかりやすいと思いますが、健康的な髪の毛をつくるには、バランスのとれた食生活を送り、体の内側から元気になることが第一です。

いくら高価な化粧水をつけても、食事が偏っていたら、ハリのある肌に導けないのと同じです。

一般的に髪の毛にいいといわれる食べ方は、生活習慣病にならないような食生活といえます。

髪の毛が何からできているかというと、タンパク質です。だからタンパク質が多く含まれる食品をとりましょう、というわけです。

かといって、それだけをやみくもにとってはいけません。自分には何か足りないのかとバランスを考えながら、食事を組み立てましょう。

お酒やコーヒーなど嗜好品は適量なら大丈夫ですが、とりすぎは胃や肝臓を壊すので、結果的に髪の毛にもよくありません。

たばこは、血液の循環を悪くするので絶対にいけません。

(続く)

管理人

Comments are closed.