あなたの髪にはこのシャンプー・リンス法を守ろう

shiraga

女性誌などをパラパラめくると、「正しいシャンプーとリンスの方法」というテーマでうんざりするほど特集が組まれているが、さすがに男性向けの雑誌にはその種の実用記事が少ないのか、シャンプーの仕方をよく知らない男性が意外に多いようだ。

簡単に紹介すると、

1.温水で素洗いして、チリやゴミなどを洗い流す。

2.1回目は、やや多めのシャンプーを手のひらにとり、お湯でとかしてから髪につけ、頭髪を軽くもみながら、洗う。このときは、あまり泡がただない。

3.さっと洗い流してから、最初の2分の1程度のシャンプーをつけて洗う。

つまり、2度洗いするのが正しい方法である。

とくに2回目は、絶対に爪を立てないで、指腹で頭皮と毛髪をマッサージしながら、ゆっくり、やさしく、ていねいに洗ってやる。

2回目のすすぎは大切で、指を添え、泡が完全に消えるまで、充分に洗い流してやる。洗髪に「すすぎ過ぎ」はないのである。

4.リンスをする。

シャンプーが理想的であれば、あえてリンスの必要はないという説もあるが、1日1回以上のシャンプーを行なうと、ときによっては頭髪がパサパサになるので、やはり、リンスをした方が無難といえる。

毛の表面(キューティクル)はウロコ状に重なってできているということは前にも述べたが、リンス剤は、よくすり込むと、その重なった部分にも油性分がしみ込み、毛髪にしなやかさが出るのである。

(続く)

管理人

Comments are closed.